2010年05月13日

体験談4 アッパーダイス 〜セルフ〜 その後編

 ピアスを開けた日の午後から翌日の午前中にかけて、何とも不愉快な鈍痛がありました。でも何かをしていたら気にならないくらいのもので、開けた二日後に風が吹いても痛かったヘリとは大違い。きっとこれってヘリみたいな耳の縁じゃないから、ぶつかったりひっかけたりしないせいだと思ってました。でも軟骨って後から腫れがくるから気をつけなきゃ、と思っていたのですが、そういうこともなく、ただ笑ったり、食事をしたり、大きく口を開けたら痛む、くらいでした(つまり口角が上がると痛む。)。でもかさぶたが出来たので(初体験!)きっとこれは、三回も刺したせいだと思ってました。
 ただ、どうもバナナが良くない気がしたんです。何だか耳の中でぶつかって、ホールにとってすごく負担になっているというか。日々痛みはなくなってきたのですが、どうもこのバナナがね。ホールの洗浄に泡を乗せてるだけで、スーッとバナナが滑って落ちたりするんですが、何かこのバナナの角度で耳のあっちにぶつかったり、こっちはこれ以上行かなかったり。この位置にはリングかバナナと聞いてたけど、耳の横が少し腫れ気味に硬くなってるのが、バナナがずれると硬いところがなくなったりするんです。もしかしたら口角を上げたら痛むのは、このバナナが当たるせいじゃないだろうか・・・。それに何だか洗浄すると沁みるので、この頃少し軟膏をつけました。
 それでも一ヶ月は様子を見ようと思っていたのですが、やっぱり自分の感覚を信じよう!と、かさぶたがなくなって少し経った頃、ホールを開けてから十二日後にバナナをチタンのラブレットに交換することにしました。この時インサーションピンを使ったのですが、インサーションピンを入れると、バナナが引っかかってピアスが全く動かないんです。結局ピンセット使って取りましたが、ピンセットを使ってる間にインサーションが落ちちゃって(最後まで入ってないから)、結局ホールから一旦ピアスを抜いてインサーションを入れて、みたいな、この時期としてはかなり無謀なことをしたのですが、無事に交換することができました。ただ、大分斜めに刺さってるなあ、ということがわかりました(ため息。やっぱり緊張してたのね。)。
 交換したその日は久々に痛んだのですが、でもすごく耳は楽になった気がしました(変な圧迫がなくなったというか、いじった痛みはあるんだけど、何だか開放感があるというか。)。でも翌日にはもう全然痛くない。どころか少し痒みもある(痒みがあるのは傷が治ってきている証拠?)そして交換した二日後にはもう口角を上げても全く痛みを感じない。でもこの痛みの軽さ、何だか、おかしい、・・・と思ってよくよくホールを観察したら、何と!このアッパーダイス、どうも軟骨を通ってないんです!
 つまりアッパーダイスの位置の軟骨に沿うような形で、ロブ(こういうのロブって言うのかな?)だけを貫通していたらしいんです。だからあんなに痛くなかったし、あんなにサックリ切れたんですね(ため息。これってもしかしてニードルに角度をつけたせいかなあ・・・?)。軟骨に近い皮膚というのはロブの場合でも安定が難しいと聞くし、排除も心配だし、開け直しも一瞬考えました。でも何だか特に問題があるというほどでもないし(だってこの時点で普段ピアスの存在忘れちゃってるくらい、痛みも何もないんです。ただ小さいトラブル、というより、不安はちょこちょこあります。でもこれはピアスを開けて間もない短期間に何度かネジを付け替えてるからかもしれない。)、位置的には自分が思ってた通りの場所だし、だからもう少しこのまま様子を見ることにしました。もしこれで安定したらそれでいいし、安定しなかったり排除に向かうようなら残念だけど外そう、と思っています。
100513 そんなわけで新たに仲間に加わったホール、アッパーダイスと言いたいところだけど、そう言うのもちょっとはばかられるので(←この三日間のタイトルは何?)、アパディと呼ぶことにします(え?変な名前?いいの、あだ名だし!ほぼ、アッパーダイス、ってことでお願いします。)。もしかしたら諦めることになるかもしれませんが、とりあえずよろしくお願いします(ペコリ)。そういう訳でこの子は当分去就が決まるまで(安定するか外すか)、コーディネイトの仲間には加わりません(記事の分類は今まで通りです。)。だからちょっと浮いたコーディネイトになると思いますが、多めに見てやって下さい。ちなみに今日の写真はまだバナナをしていた頃のピンクコーディネイトです(実はこの時ほぼ一週間毎日これでした。)。アパディに3ミリ、ヘリが2ミリ、ロブ二つが4ミリのピンクジェルです。どうかこのまま無事にアパディが育つよう、よかったら皆さんも見守ってやってください。


 まあでも折角なので、今日の写真でしているピアスをご紹介。この2ミリのインターナルジュエルはchiquititaでも売ってますが、基本、自分の買った物を紹介しているのでこちらにリンクしました。実は色の種類もchiquititaの方が豊富です。でもこちらはメール便送料無料!お店の対応もとっても親切です。まだ20%以上OFFやってます。
(写真がリンクしています。)
 16Gの4ミリはこちらのパーツ買いです。色の種類も12種類あるので、試したい色はまずこちらから、ですね(笑)。メール便送料無料!
(写真がリンクしています。)
posted by 夏龍 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアス 体験談

2010年05月12日

体験談4 アッパーダイス 〜セルフ〜 本番編

 さていよいよ体験談ですが、この先の体験談はあくまで私の場合、ということなので、この方法を皆さんにお奨めしているわけではありません。個人の体質や体調、耳の形、器用不器用等で、状況は変わってくると思います。ですので、参考にされる方、同じやり方をされる方は、あくまで自己責任でお願いします。
 当日はまずインサーションピン等をエタノールで消毒しました。一応自分のシュミレーションはありますが、プランBも考えて、使うことになるかもしれないピアスは、少し余計に一緒にエタノールにつけました。それから今回場所が狭いので、消しゴムは一応エタノールにつけたけど、使わない予定で、指先だけのピッタリしたゴムサックを用意しました(もっともこれも途中で外しちゃいましたが。)。このゴムサックとピンセットはエタノールで拭いて、気は心、の消毒をしました。
 でもねぇ、やっぱり緊張してたんですねぇ、あれだけ準備してたのに、ニードルとインサーションピンに軟膏を塗り忘れてしまいました。そして恐らくこの緊張が、後の結果の根源だったのではないかと思います(ため息)。
 とにかくニードルはよく切れました。そのせいなのか、場所のせいなのか、今まで開けたホールの中で一番痛みがなかったです。私のシュミレーションではニードルの斜めに切ってある部分が通ったら、そこにカーブしたインサーションピンを入れて押し戻し、そのまま裏からインサーションピンを通して、おしりに繋げたピアスを通す、というもの。結果的にこのやり方でやったんですが、成功するまで三回も繰り返しました。つまりニードルで三回を刺したんですが、それでも最後まで切れ味がよく、しかも痛みが少なかったから、何とか成功できました。
 ついでに失敗例を書くと、まず最初はニードルの穴にインサーションピンを入れられず、一回ニードルを抜いて、前からインサーションピンを入れようとしたら、なんともう後ろがふさがってて入らない!
 諦めようかと思ったけど、もう一回チャレンジ。ニードルはさっくり刺さり、今度は何とかインサーションピンをニードルの穴に入れられました。それでインサーションピンでニードルを押し戻してホールにカーブしたインサーションピンが入った状態になったのですが、今度は場所が場所だけに、インサーションピンの後ろからジュエルが外れてしまってうまくいかない。結局どうにも出来なくて、せっかく入れたインサーションピンを抜くことに。この時も入れ直そうとしたら、もう後ろがふさがってて、インサーションピンは入らなかったです。
 これはもうダメかな、とも思ったのですが、もう一回最後のつもりでチャレンジ。今回はインサーションピンの後ろの歪んだ穴にあらかじめジュエルをねじ込んでおきました。これでインサーションピンとバナナバーベルが一体に(最初からそうすればよかった。ため息。)。そしてまたニードルを刺して、今回もニードルは簡単に通って、何とか苦労してニードルの穴を見つけました。で、そのままぐーっと押し戻すと、そのまますーっとジュエリーごと装着されて、インサーションピンの穴に押し込んでいたとはいえ、ネジで留めてるわけではないので、簡単に外れて、無事、アッパーダイスが開通!何かそれまでモタモタしてたのに、最後は、びっくりするぐらいあっけなかったです。
100512 写真は開通した日の写真です(ちょっとまだ赤かったり、ロックに傷がついてたり、ホールの周りに出血の後があったりお見苦しくて申し訳ないです。)この時は2ミリのボールを着けてたのですが、その日の夜お風呂でボールをなくしてしまって(洗浄してる時、いつの間にか落ちたらしい。)、結局安全策をとってその後3ミリボールをつけました。でもこの2ミリボール見つからなかったので、もしかして埋まったか、とすごく焦りました(最初から3ミリにしておけばよかった。ため息。)。ちなみに他の三つのホールは全て3ミリを着けています。
 とにかく運がよかったのは、ニードルがよく切れたこと。それから痛みがとっても少なかったこと。インサーションピンを曲げる時に、後ろの穴が歪んで、刺したピアスが外れにくくなったこと。この三つのどれが欠けてもダメだったと思います。
 それからどうしてもロックに傷が付きます。予想したとおり、消しゴムは使えないですが、どんなに気をつけてもロックには多少当たってしまう。だから、既にロックが開いてる人はちょっと難しいかもしれません。
 結局始めてからかかった時間は30分くらい。途中宅急便が来て、アッパーダイスにインサーションピンが刺さったままなのを、髪の毛で隠して応対したりしましたが、そのくらい、痛みが少なかったです。
 そんなわけで痛みも少なく思い通りの場所に開いたと喜んでいたのですが、・・・。
 続きは明日のその後編で。


 これはプレゼントでもらったニードルなのですが、本当によく切れました。でもニードルはやっぱり個体差なので、当たり外れがあると思います。私は運よく当たったみたいです。でも値段もたぶん最安値?ってくらい安いし、もし今度またホールを開ける時には、こちらで買おうと思ってます。しかもメール便送料無料!
(写真がリンクしています。)
 このバナナを見つけたことも、きっかけの一つですね。すっごく安いのに、英国のLOST CHILD社製で、品質はいいということです。滅菌パックに入って届きました。ボールのパーツ買いと考えても、すっごくお手頃価格です。しかも今サイトリニューアルバーゲン中で更に安くなってます。メール便送料無料!
(写真がリンクしています。)
 失くしてしまった2ミリボールはこのバーベルです。このバーベルは内径が4.5ミリからあるので、そういうところも便利です。ちなみにボールは3ミリも4ミリ選べます。1500円以上で送料無料!
(写真がリンクしています。)
posted by 夏龍 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアス 体験談

2010年05月11日

体験談4 アッパーダイス 〜セルフ〜 準備編

 ついに、開けてしまったんです、アッパーダイス。いろいろ言ってましたよね、ホールが四つになるのが嫌だ、とか、バランスが崩れたら嫌だ、とか、何か記念があったら開けようか、とか。それなのになぜ開けてしまったのか、今回は動機と準備編です。
 まずホールの数が四つは嫌だ、というのは、ちょっとしたことに気が付いたら、4が嫌いじゃなくなったんです。それは、自分は正方形が好きだ、っていうこと。だからダイスも大好きだし、他には神社とか(神社の作りは基本、正方形なんです)、能舞台とか(左に同じ)、四畳半とか、正方形のものって何だか落ち着くんです。正方形は絶対点が四つなくちゃ作れないから(当たり前!)、つまり、私そんなに4って嫌いじゃないじゃん!というわけで、ホール4つのハードルはクリアしました(←なんて軽い・・・)。
 バランスについてはかなり考えました。でもマグネットピアスのシュミレーションだとイマイチなんだけど、アッパーダイスのあたりに両面テープを貼って、そこにボールを置く、っていうシュミレーションだと、そんなに悪くもないんです。そういうことばっかりしてたら、逆にない方が物足りなく思えたり・・・。で、そういうシュミレーションをしていたら、ここは場所的に実はすごく開けるのが難しい!ってことに気が付きました(←気付くのが遅い!)。
 それでとりあえず、もし開けるんならどうやるか、っていうやり方のシュミレーションを始めてしまったんです。ニードルはカーブしてる方がいいか、とか、短いニードルならいけるだろうか、とかアッパーダイスの後ろのスペースを計ってみたり(手持ちのピアスをあてて、こんなもん?みたいな。)、私はパズルが好きなのでそうこうしているうちに、このやり方ならうまくいくんじゃないか、という方法を考えついてしまいました。で、こうなると、それで本当にうまくいくのか、試してみたくて仕方ない。でも一時の勢いで開けちゃだめ、とか自分としてはかなり葛藤してました。
 そんな時、割と新しく出来たネットショップでインサーションピンを見つけました。それはインサーションピンとしてはかなり安い。で、私のシュミレーションでは絶対カーブしたインサーションピンがいるので、開けなくてもいいからとりあえずこれ買っとこう(インサーションピンは一本でもいいけど、数あってもいいかな、って。)、と買ったら、その時そのお店がポイントラリーと言うのをやってて、レビューを書くとニードルをプレゼントしてくれるんです。それでニードルが手に入ってしまいました。
 それからこの場所にはバナナかリングじゃないと無理みたいだけど、目立たせたくないから私はバナナだなーなどといろんなお店を眺めていたら、すっごく安い16Gのバナナを見つけてしまいました。安いんだけど物はイギリスのしっかりしたものらしい。それで、ちょうど16Gの3ミリボールが余分に欲しかったし、パーツ買いと考えてもお得だし、と買ってしまいました。
100511 こうしていつでもアッパーダイスが開けられる状況が揃ってしまいました。何か記念があれば、みたいなことを言ってましたが、実はそういう記念もなく、もうダイスを開けることが記念!みたいな感じで、もし大変だったり気に入らなかったら閉じればいいや、とにかくやってみよう!みたいな気持ちが強まって、ついに開けることを決心!結局必要な道具とか自分で買ってるんですが、私的には何だかすごくタイミングよくいろんなものが見つかったり、集まったりしたって感じで、そういうのもやっぱり開けよう、って気持ちにさせてくれた感じです。
 それからは、シュミレーションと予行演習の毎日。自分で印つけて、インサーションピンで刺す真似をしてみたり、画像に加工したり、両面テープを貼って、ボールを置いてみたり(このやり方お奨めです。両面テープにちょこんと置くだけで、ボールがくっついてくれるので、マグネットピアスなんかよりずっと楽。しかも実物の感じに一番近いと思います。)。シュミレーションにしたがって、インサーションピンをほぼ半円にカーブさせたり、ニードルにも少し角度をつけました。今日の写真は少し角度をつけたニードルです。私のシュミレーションではどう考えてもニードルがまっすぐだと前にも後ろにも進まなくなると思ったから。でも果たしてこれは良かったのかどうか、・・・。
 続きは明日のブログでお届けします。


 このインサーションピンを見つけたことが全ての始まりだったかもしれません。これを自分でカーブして使いました。でもカーブする時、後ろのジュエルの入る部分がつぶれちゃって、また自分で広げたり、結構いびつになってしまいました。でもここがいびつになったおかげで、ジュエルをねじ込むとインサーションピンにぴったりくっついて落ちなくなって、もしこれがなかったら、逆に成功できなかったかもしれません。今まで一番の怪我の功名かも?メール便送料無料です。
(写真がリンクしています。)
 これはなくてもよかったけど、ついでに買ってみました。結構はっきり付くので、水性ペンと違って、一度付くと水くらいでは落ちません。でもお風呂に入ればきれいになくなります。人体に安全ということだから、そういう面ではあってよかったのかな?でもまあなくてもよかったかな。滅菌パックに入ってます。メール便送料無料!
(写真がリンクしています。)
 これもついでに買いました。やっぱりピアスを隠さなきゃならないシチュエーション、っていつあるかわからないし、これはファーストピアスにも使えるバイオプラストだし、(買った当時)半額セールだったし、ってことで。でもまだ使っていないので、感想は・・・?これはそのまま滅菌パックに入ってます。上と同じお店なのでやっぱりメール便送料無料!
(写真がリンクしています。)
posted by 夏龍 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアス 体験談

2008年11月09日

体験談3 上ロブ(偽アントラ)〜セルフ〜

 へリックスは頻繁に外せないからコーディネイトが出来なくてつまらない!おや、ここに「THE COOL TRADER」が間違ってくれた16Gのニードルが二本あるじゃないか!と、いうわけで、ロブにもう一つ開けることにしました。
 081109 位置決めにはマグネットピアスを活用し、正面から見ると下ロブのほぼ真上に見える位置に決めました。これはちょっと前にたまたま信号待ちをしていた私より年配の人が、すごく小さいピアスをロブに縦に二つしているのがすごく可愛かったから。私の下ロブの位置からすると、本当の真上にすると、正面から見た時、顔にくっ付き過ぎてしまう感じになるので、あくまで正面から見た感じを基準にしました。あとアンチトラガスに憧れがあるんだけど、私の耳では私の望むような形に開かないことから、気持ちだけアンチトラガス風の位置がいいなと思ってここに決めました。(ちなみに左は消毒薬と軟膏とピンセットの写真です。)
 でも初めてのセルフで軟骨をやった私にしたら、ロブなんてちょろいもん、と思ったのが甘かった。今度は16Gのニードルに16Gのバーベルを使ったので、装着がうまく行かず、結局同じところを三回も刺したあげく、すごく変なところに出口が出来てしまい、このまま育てても後で苦労する、と思いこの時のピアスは諦めました。
 二週間と半分位してこの最初の失敗の傷も治ったみたいなので(痛くないし、しこりもないし、腫れもない)、再挑戦。(「THE COOL TRADER」のニードルは二本組みでよかった)前の傷跡がうっすら残っていたので今度は印付けがいりませんでした。今回も装着がうまく行かず、結局二回くらいは刺したかなぁ?一回ニードルを抜いたために、出血もたくさん!だけどこの血のおかげですべりが良くなってすんなりバーベルを装着できました(文字通り怪我の功名)。
 4週間後に交換しましたが、何となく痛みもあるし、腫れもある。しかも気のせいか、中で出口のない通路があるみたい。そこでもう一度ファースト用のピアスに戻して、もう二週間待ちました。この日から四日間だけホットソークをしたのが功をそうしたのか、その後安定し、6ミリのラブレットに交換しました。この位置は軟骨に近くて交換が結構やりにくいので、インサーションピンを買おうかな、と思ってます。
 その後はいたって順調、今は下ロブと一緒に夜は外して寝ています。
posted by 夏龍 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアス 体験談

2008年11月08日

体験談2 へリックス 〜セルフ〜

 どうしてもヘリを開けたい私は考えた末、セルフで挑戦することに。
 まずしたことはネットに出ている様々な体験談を読みまくること。それで必要なものを揃えていきました。
 081108 ニードルは『THE COOL TRADER 』で二本組みの14Gを購入。一緒に16Gの透明ピアスも購入したのですが、そのせいか間違って16Gのニードルが届きました。連絡したら14Gのニードルを送り直してくれて16Gのニードルはそのままくれました。(結果的に得しちゃった。)
 『Manly wave』でファーストピアス用に16G6ミリのバーベルを購入しましたが、長さが7ミリありました。どうしようかと思ったけど、初めてピアスを購入したので、まあ誤差の範囲なのかな、とそのままに。でもこれは結果的に良かったです。それはやっぱり最初は腫れることと7ミリのバーベルってまず売ってないことです。このピアスは上ロブのファーストにも使いましたが便利でした。(6ミリだとぴったりすぎ、でも8ミリだと長すぎて邪魔。)
 軟膏と消毒液は下ロブを空けたお医者さんでもらったものを使用し、消毒用エタノール(ピアスの消毒用)とか脱脂綿はマツキヨで買って、ピンセットはドンキで買って、いざ決行!感想は、痛かった!硬かった!
 痛いし硬いしで途中で止まってしまって、息をついてえい!とやったら曲がってしまいました。でもとてもやり直す気力はなくてそのままバーベルを装着。これは14Gのニードルに16Gのバーベルを使ったのでとってもスムーズでした。
 その日はジンジンするくらい、腫れたのは開けた次の次の日ですね。とにかく風が吹いても痛かった。ヘリを開けてから二週間は毎日ホットソークをしました。寝る時も絶対右を下にしないように頑張りました(どうやって?)。その甲斐あって順調に育ち、腫れがひいてくると、今度は髪の毛が余ったバーベルに引っかかって仕方ない。しかもちょっと後ろを見ようと思った鏡にも引っかかって痛い思いをするにいたって、本当は安定までに最低三ヶ月って聞いてたけど、1カ月弱でピアスを交換しました。
 今度は6ミリぴったりで、ボールも3ミリのものに。これは本当にぴったりで、髪の毛が引っかかることもなくなり、おかげですごく順調に安定しました。翌月ネジだけ交換しようと思って一回抜いてしまいましたが、かろうじてすぐに挿入できました。この頃はネジを交換したり、雨が降ったりするとジンジンと痛みましたね。
 三ヶ月ほど経って、憧れのアナトメタルに交換しました。でもでも、アナトメタルは6ミリよりほんのちょっと長いんです(0.37ミリぐらい)。このちょっとの差で髪がすごく引っかかる。幸い他のサイトで買ったインターナルの6ミリぴったりラブレットに、アナトメタルのネジが装着できたので、(逆はダメだった。よかったぁ・・)、1カ月後に本体だけ交換しました。私のヘリは6ミリより気持ち短いくらいみたいです。
 というわけで、最初に少し腫れたくらいで、膿むこともリンパ液もなく、結局月一くらいで交換していたにもかかわらず順調に育ってます。なぜか最初は斜めっていた(はず)なのに、今はほとんど水平です。安定するために穴が移動したのかな?(穴の移動はあるって聞いたけどこういうこともあるのかな?)それとも斜めってるって思ったのは、痛さの中での勘違い?まあ、とにかく良かったです。
 ちなみネジだけの交換ならラブレットがとても楽です。(バーベルだと後ろと前とどっちがはずれるかやってみないとわからない。)それから私は他は大丈夫なんだけど、ヘリだけは軸がステンレスじゃないとどうも調子が悪いです。チタンでも少しかゆい気がする。気のせい?これももう少し安定したら大丈夫になるのかな?

THE COOL TRADER は日本人がやっていますが、アメリカのお店です。送料は無料ですが、エアメールで届きます。
Manly waveで私が買ったファーストピアスはローズゴールドでした。今は7ミリはほとんど使わないけど、ネジは大活躍!
posted by 夏龍 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアス 体験談